製品情報

擁壁用・法面用

中型ブロック

◆中型ブロック(0.5㎡/個)  参考重量:177kg


【側面図】

【製品画像】中型ブロック側面図


【標準断面図】

【製品画像】中型ブロック標準断面図

【正面図】

【製品画像】中型ブロック正面図 【製品画像】中型ブロック利用例

※詳細いついては、カタログをご覧になるかお問い合わせください。

>>詳細について問い合せ >>カタログダウンロード

地産ブロックアンカー工法(ヘイベック)

【ヘイベック系直方ブロック】

【製品画像】ヘイベック系直方ブロック

【施工事例】

【製品画像】施工事例

地産ブロックアンカーウォールの特徴

  • 群を抜く経済性!
    (施工に必要となる材料全てを地場で調達でき、地産地消を推進できます)
  • ブロックの厚みがもたらす高い自立安定性が、施工性・安全性を大きく向上!
  • そのブロックの厚みと、「盛土材等の沈下に備えた仕組み」を採り入れて
    リダンダンシー(冗長性)も高める。
>>詳細について問い合せ >>カタログダウンロード

プレガードU

【製品画像】プレガードU
  • 施工性・環境性に優れます
  1. 7割の工期短縮
  2. 軽量だから小型機械で施工可能
  3. 型枠不要による廃棄物処理が減少
  4. 工期短縮、施工機械半減によるエネルギー抑制
  5. カーブ施工及び縦断施工が可能
  • 経済性・安全性に優れます
  1. 現場打ち構造と同等以下の経済性
  2. 連結による一体化で軽量化を実現
  3. 静的実物大実験により性能を確認
  4. 設置時の効率アップ
  • 維持修繕にも最適です
  1. 既存擁壁のガードレール取替え時に天端から0.5mの修繕で対応可能
  2. プレガードの取替えが発生した場合は部分的な取替えが容易

【設計方針】
プレガードUは『道路土工−擁壁工指針』に準拠した設計をおこなっています。

NEW KウォールU型・V型(挿し筋タイプ)

【製品画像】軽量擁壁
  • 天端勾配調整タイプも有ります!

FLウォール

【製品画像】FLウォール(建設大臣認定品)
  • 建設大臣認定品!

トリプルエコロック(組立式大型積ブロック)

【製品画像】トリプルエコロック(組立式大型積ブロック)

【特徴】

  1. 輸送・輸入のメリット
    組立式であるため、1部材当たりの重量が軽く一車あたりの搬入量が多くなります。
  2. 施工のメリット
    1部材当たりの重量が軽いので、特別大きな重機等を必要とせず、微調整も容易に行えます。
  3. 環境へのメリット
    表面を割石模様にし、景観に配慮したデザインです。
  4. 経済性のメリット
    大型ブロック(基本は一ケ2平方メートル)であるため大幅な工期の短縮が図れます。
  5. 現場へのメリット
    組立式であるため、せまい現場にも対応できます。また、ストック品の仮置も場所を取らず、整理・整頓が図れます。

ランドセル工法

【製品画像】ランドセル工法
↑クリックで画像拡大
  • 裏込砕石を100%有効利用!
  • トータルコスト削減を実現する画期的な工法

セットバック工法

【製品画像】セットバック工法
↑クリックで画像拡大

【概要】
『セットバック工法』とは、逆L型擁壁やL型擁壁の背面に『背面鉄筋』を設け、その中に『裏込砕石』を充填して安定を図るものです。その結果、前に張り出た底版上部に自重を確保する必要が無くなり、擁壁の高さ及び底版が大幅に縮小する事が可能となります。
【特徴】

  1. 擁壁本体が小型となるためコスト縮減が可能です。
  2. 底版幅、擁壁高さのいずれも小さくなり掘削土量が大幅に減少します。
  3. 安定に必要な裏込材は連結筋で調整する為、底版幅は1種類の短いもので済みます。
  4. 擁壁の位置が大幅に『セットバック』でき、前面の土地の有効利用が図れます。
  5. 掘削背面に構造物がある場合など、従来施工できなかった場所でも施工できます。
  6. 現在使用されているL型擁壁をそのまま利用することが出来ます。
  7. 逆J型擁壁以外にも、L型擁壁、逆T型擁壁等、現在使用されている一体型プレキャスト擁壁のほとんどに使用することが出来ます。

アームブロック

【製品画像】デザインタイプ

切土方面の安定と景観、そして雑草の繁殖防止と、防火対策の新工法!!
【POINT】

  1. 基礎ブロックと法面ブロックの一体化工法は、一工程にて施工完了
  2. 基礎ブロックと法面ブロックの一体化には、丁番ジョイント工法
  3. 丁番ジョイント工法は、法面勾配を自由に調節出来る新工法
商品などについてお問い合せはこちらへ